久々の更新、そして最後の記事

かなり久々になりました。
すっかり放置してしまったブログですが、ちゃんと「治ったよ」というのだけ伝えたくてこの記事を書いています。
すっかり完治しました。

確か、2010年11月1日の通院時に完治を言い渡されたはずです。
あれから私にとってのアレルゲンであるミノマイシンを避けることで、対策も取れています。

人間、いつ何があるか分からない、ということを強く思った闘病期間でした。
同時に、病気になってしまうと何かをしたくても何もできないということも。

現在は現在でまた別の病気で苦しんでたりもしますが、年も年なので、うまく折り合いをつけてやっていかねばなという気持ちです。

このブログが、好酸球性肺炎の方々の情報源になれば幸いです。

ではまたいつかどこかで。

| | コメント (0)

闘病409日目 - 職場復帰335日目

日記

※ かなり忙しくなってしまったので、本来の目的である闘病に関することのみ記載します。

約2ヶ月ぶりの通院。
マイスリーをやめてから、なかなか寝付けない状況は変わらないものの、まったく身体が動かないということもない(午前中倒れていたりはするのだが)。

今回もT先生が担当。
これからはO先生ではなくT先生が担当になるようで、O先生に最後まで診てもらえず心苦しい。

さて、今回の結果はというと、EOSINOは、

  • 04/13 1.8%
  • 05/10 2.5%
  • 05/31 3.8%
  • 07/26 5.1%
  • 07/26 6.4%
  • 08/09 6.6%
  • 08/16 6.2%
  • 09/06 3.8%

EOSINOの基準値は1.6~4.6%なので、久々に基準値の範囲に入ったことになる。
元々好酸球の多い体質なのではないか? という疑いもあったのだが、基準値に戻ったので、ただ単に時間が掛かっただけなのだろう。
で、コルチゾールはというと、9.4μg/dl(基準値は5.0~15.0μg/dl)。順調。

ただし、先生曰く、平常時のコルチゾールの値は問題ないが、ストレスが掛かった際の増加率は悪いだろうとのこと。
コルチゾールというのは副腎から分泌されるホルモンなのだが、ストレスを和らげる効果があるらしい。
何かの記事で読んだのだが、男女の口喧嘩の際に男性側では一気に分泌され、喧嘩による精神的苦痛を和らげるらしい。和らげる、というか、刺激に対して鈍くなるというか……。

で、増加率が悪いという現在の状況は、ストレスに弱い状況であるらしい。
ああ、前回倒れたのはこれが原因なのね……。

「ストレスというのは、仕事でももちろん掛かるものだけど、この暑い中歩くだけでも実は掛かるものなんですよ。だから、できる限りゆっくり、一生懸命歩かないようにしてください」

確かに今年の夏は異様に暑いので(というか、去年は涼しい環境にいたので余計にそう感じるのだが)、歩くだけでもストレスになるというのは分かるような気はする。

確かに、現在の職場はストレスの溜まる環境ではある。
職場が、というか後輩の面倒を見るのに、かもしれない。
ふむ、朝動けないとか、だるいというのはその影響なのだな……。

コルチゾールに関しては、気長に上がるのを待つしかない。
幸いなのが、副腎が動いているということだ。副腎が死ぬ可能性もあったので、それを回避できたということは、非常に幸運なことだ。

ちなみに、好酸球は最近の若い人は多めならしく、この数年で基準値が上がるだろうとのこと。
何気に少しずつヒトは進化しているのだなぁ……ってこれ、進化なのだろうか?

次回は11月1日。
診察料は4,310円。

検査・治療

  • 採血
  • アレルギー・呼吸器科 診察

今後の通院予定

  • 11月01日(月)
    • 10時半 アレルギー・呼吸器科 受付
    • 採血
    • アレルギー・呼吸器科 診察

| | コメント (5) | トラックバック (0)

闘病388日目 - 職場復帰314日目

日記

※ かなり忙しくなってしまったので、本来の目的である闘病に関することのみ記載します。

何故か、体調が悪い。
この週末ずっとなのだが、起きて寝てというのを繰り返してしまっている。値は順調なはずなのに何故……。

ひとまず、休みをもらって診察受付時間ギリギリに病院へ行き、コルチゾールの値も含めて血液検査とレントゲンを撮影してもらう。

診察は、担当医であるO先生ではなく、T先生。

レントゲンは問題なし。
血液検査の結果、EOSINOの値は、

  • 04/13 1.8%
  • 05/10 2.5%
  • 05/31 3.8%
  • 07/26 5.1%
  • 07/26 6.4%
  • 08/09 6.6%
  • 08/16 6.2%

……順調。コルチゾールの値は、10.1μg/dl。基準値が5.0~15.0μg/dlなので、まったく問題なし。
「まぁ大丈夫ですね」で診察は終わってしまった。

さて、何が原因なのか? というのを考えてみると、1つ思い当たる節がある。
なかなか寝付けないのでもらったマイスリーという薬だ。
色々調べてみると、マイスリーは若干の中毒性のある薬で、減らす場合は徐々に減らす必要があるらしいのだが、飲んだり飲まなかったりということをしてしまったので、その影響が出たのではないだろうか?

I取締役もオススメのこの薬、確かにすぐに眠れるのだが、どうも飲まない方が良さそうだ……。

診察料、4,370円。

検査・治療

  • 採血
  • 胸部レントゲン
  • アレルギー・呼吸器科 診察

今後の通院予定

  • 09月06日(月)
    • 10時 アレルギー・呼吸器科 受付
    • 採血
    • アレルギー・呼吸器科 診察

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘病381日目 - 職場復帰307日目

日記

※ かなり忙しくなってしまったので、本来の目的である闘病に関することのみ記載します。

2週間ぶりの通院。
体調はかなり安定したのだが、新しい職場でのストレスが大きい。かなり疲れている。

夏休みって、何?
美味いの?

ちなみに、相変わらず週末は釣りに行っているが、釣りではそれほど体力は使わない。集中力は使うが、それよりもストレス解消の効果が高い。
釣りに関しては、別のblogにでも記録をつけてみようかなぁ……。

さて、気になるのは好酸球の量だ。前回までの結果と共に纏めてみる。

  • 04/13 1.8%
  • 05/10 2.5%
  • 05/31 3.8%
  • 07/26 5.1%
  • 07/26 6.4%
  • 08/09 6.6%

基準値は、1.6~4.6%。

担当医曰く「上昇が止まりました」とのこと。確かに増加の割合が少なくなっている。
恐らく、元々好酸球が多い体質なのだろう。ちなみに、喘息持ちの人は10%ぐらいある人もいるらしい。

そういえばいつからか気になっているのが、両手の痛みだ。
握りこぶしを作ると、指の関節が痛いのだ。ステロイドを服用しなくなってからこの症状が出始めたことは覚えているのだが、いつから痛いのかはハッキリと覚えていない。

相談してみると、ステロイドを服用しなくなった影響は考えられるものの、確実にその影響であるとは言えず、良く分からないらしい。ひとまず様子見。

診療費が2,380円。薬が2,320円。

しかし今年の夏は何だか暑いなぁと思ったら、去年は涼しい病院の中だったからなのね。
去年の今頃は何をしていたのだろう? と思ったら、ようやく長期入院となることを理解し、腹を据えてblogでも書こうかと思い始めたころだったようだ。

次回は9月6日。
前回も今回もコルチゾールの検査を行なっていないので(本来は月1回しか行なえないらしい)、コルチゾールの値を確認することとなる。
そこで問題がなければ、通院はなくなるのだろうか?
いや、1ヶ月に1回ぐらいは定期健診のような形でしばらく続きそうな気もするな……。

あれから1年。
振り返ってみると、遠い昔のできごとのように思える。

そして、通院がなくなれば、このblogも終わり、ということになる。
まぁ、きっとどこかで何かしら始めるのだろうけど。

検査・治療

  • 採血
  • アレルギー・呼吸器科 診察

今後の通院予定

  • 09月06日(月)
    • 10時 アレルギー・呼吸器科 受付
    • 採血
    • アレルギー・呼吸器科 診察

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘病367日目 - 職場復帰293日目

日記

※ かなり忙しくなってしまったので、本来の目的である闘病に関することのみ記載します。

3週間ぶりの通院。
ステロイドが0mgになり、何が変わったかというと何かが変わったという実感はない。
減量のリバウンドもあったし、大体週に1回は午前中動けず、動けている間は体調は良くも悪くもない。

採血の結果を確認すると、おかしな点が1つ。
好酸球が、増えているのだ。ここ数回の結果を書き出してみる。

  • 04/13 1.8%
  • 05/10 2.5%
  • 05/31 3.8%
  • 07/26 5.1%
  • 07/26 6.4%

基準値は、1.6~4.6%。
可能性としては、下記が考えられるらしい。

  1. ステロイドを服用しなくなったことにより、抑えられていた好酸球がまた増加し始めた
  2. 今まで服用してきた他の薬の副作用で体内にアレルゲンが発生し、それを退治するために一時的に増加している
  3. 生まれつき

1. はあまり考えられない可能性だと思う。増加する場合、もっと一気に増加するはずだと思うからだ。
2. は正直良く分からないが、1年間も多くの薬を服用してきたので、可能性は否定しきれない。
3. は急性好酸急性肺炎になる前の値が分からないので何とも言えない。

「まぁ、多分元々のベースがこれなんでしょう」
さらりと言う担当医。基準値はあくまでも基準値であり、人によって上下はあるらしいので、誤差の範囲内ということなのだろう。

何にせよ、オメプラールも切って2週間様子を見ることにする。

ちなみに、今日から現場が変わる。
今までは自社にいたのだが、今日から9月末までは田町に出勤することになる。
稼動が高いだろうと容易に予想される現場なので、体調が心配であるし、稼動が高くなると帰宅後も頭が仕事モードになってしまってなかなか寝付けないので、相談して入眠剤をもらうことにする。

診療費1,020円。薬は1,410円。

しかし、初日から22時半退勤とは……。

検査・治療

  • 採血
  • アレルギー・呼吸器科 診察

今後の通院予定

  • 08月09日(月)
    • 10時 アレルギー・呼吸器科 受付
    • 採血
    • アレルギー・呼吸器科 診察

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘病346日目 - 職場復帰272日目

日記

※ かなり忙しくなってしまったので、本来の目的である闘病に関することのみ記載します。

久々のちゃんとした通院。
6月29日(水)からステロイド量が1.0mg/日なので、ここから0.5mgに落とすのか、いつから完全に切ってしまうのかが問題となる。

最近の体調はというと、たまにリバウンドらしい体調の悪さがあるが、良くもないし悪くもない。梅雨の時期なので、気圧が安定しないということも体調が悪い原因ではあるのだろう。

採血をし、胸部レントゲン。その後骨密度の検査。
骨密度の検査は初めての経験だが、ただ横になってじっとしているという単純な検査だった。

何故骨密度の検査をするのかというと、ステロイドの影響で骨が弱くなるからだ。
それを避けるために毎週服用していたのが、ボナロンという薬だ。

「で、どうしましょう? 切っちゃう?」
「いやいや、そう軽く切れるものなんですか?」
「コルチゾールも十分な値だし、リバウンドはあるかもしれないですけど、耐え切れると思うんですよね」
いや、耐え切ってくれないと、困る。

採血の結果、コルチゾールは9.0μg/dl。基準値が5.0~15.0μg/dなので、十分な値だ。
コルチゾールが十分な値ということは、副腎は機能しているということだ。
副腎が機能しているということは、ステロイドを服用しなくなった場合に、足りないホルモン量は副腎が補うことができるだろう、ということだ。補うことができる、というか、それが正常な状態だ。

とはいえ、1.0mgになってからまだ日が浅いので、7月15日(木)から完全に切ってしまうことにする。
「ついでに色々切っちゃいましょう」ということで、15日以降の薬は慢性前立腺炎のための薬であるセルニルトンとオメプラール以外は切ってしまう。

薬が減って嬉しい気持ちもあるが、今まで服用していたステロイドを服用しなくなるという怖さの方が強い。

といっても、今までと同様減量のリバウンド(離脱症候群)があり、その後身体が慣れるのだろう。
そう考えると、いつもの減量とは変わらないということになる。

ちなみに骨密度検査の結果、1,440mg/c㎡だった。
結果の紙には、同年齢の平均骨密度と比較すると132%に相当し、若年成人の平均骨密度と比較すると131%に相当するらしい。

ふむ。骨は丈夫ということなのね。まぁ骨折もしたことがないので丈夫だとは思っていたが……いずれにせよ、これでひと安心。

診療費4,940円、薬は2,420円。

検査・治療

  • 採血
  • 胸部レントゲン
  • 骨密度検査
  • アレルギー・呼吸器科 診察

今後の通院予定

  • 07月26日(月)
    • 10時 アレルギー・呼吸器科 受付
    • 採血
    • アレルギー・呼吸器科 診察

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘病342日目 - 職場復帰268日目

日記

8時10分。
起床。今日もリバウンドの感覚があり、だるいのだが、13時から打ち合わせがあるので頑張って出社する。

頑張って出社をする場合、電車ではなくタクシーで出社することが多い。
会社に行ってしまえば何とかなると思うのだが、会社に行くまでが怖いのだ。リバウンドの感覚があると、歩いているときでも眩暈がするので、万が一倒れてしまったときが怖いのだ。

タクシーで会社まで10分足らず。
新大橋まで出れば、1メーターで到着することができる。
ああ、家から近くて本当に良かったなぁ……。

あ、S部長やはり体調が悪いみたいね……本日は午後から来るらしい(そして結局連絡なく終日休んだのだが)。

13時。
U社でWさん、Tさんと打ち合わせ。
今回は別の案件の話で、営業のOと2人で話を聞きに行ったのだが、結局私が中心になって話を聞く。まぁ、そんなものだ。

誰が作ったのかは分からないが、U社からもらった資料には実現方法が記載されていた。
恐らく、今いるU社のメンバーを考えると、この資料作成だけでも丸2日は掛かっているだろうと思うのだが、話を聞いている時点でもっと良い実現方法を思いついたので、その場で提案をする。

って、この方法だと実際には運用でほぼできちゃうんだけどね。

見積もりは2日まで。
って、明日じゃん……。

Sのおふくろさんが亡くなり、Sの実家である静岡で今晩お通夜がとり行なわれる。
社長、営業のO、S部長が行くのだが、Tさんと私も香典を持って行ってもらうことにした。
コンビニで袋と筆ペンを買い、茅場町プロントで書き、Oに渡す。

「折角なので、早めに行って鰻でも食べようかな」
「俺のお金使うの?」
「あ、そうか、資金は結構ありますね」
「で、代わりにさっきもらったコーヒー無料券入れるんでしょ?」

外は通り雨。
傘を忘れたので、雨が小降りになるまで3人で色々話をする。

会社に戻ってから早速見積もりを開始しようとするが、隣ではYがメニューを作成中。
マウスが乗ると画像が大きくなる、というメニューで、この画像は私が作っている。影がコンテンツに微妙に被る位置にあり、それが私としては面白い感じで良いと思うのだが、その被り具合が難しい。

「これぐらい被ってた方が良いっすか?」
「うーん、あと3px上に上げてみてくれる?」
「じゃあ、これぐらいっすか?」
「うん、それで良いんじゃない? さっきのだと被りすぎてるし」

Yとしては、コンテンツには被らない方が良いと思っているらしいので、試しに被らないように調節させてみる。

「何か、被ってないとちょっとおかしいっすね」
「でしょ? 被ってる方が浮いている感じがして良いよ」
「でも、被ってていいんすかね? 邪魔にならないっすか?」
「被ってても大丈夫! 相手が見るときには大きくなってるから!」

微妙に下ネタ。
それに気付いたYが「ホント○○○さん酷いっすね」と言うが、私は仕事の話を真面目にしているだけだ。

20時30分。
見積もりもS部長の最終確認を残した段階まで終え、退勤。
アキバヨドバシに寄り、エスカレーターを昇っていると弟から着電。

6月から仕事を開始し、時間清算にしてもらって100時間を目標にしていたらしいのだが、その目標を突破することができたらしい。
本人の気持ちも上向きとなり、その喜びの報告だった。
だが、焦らずに焦らずに……。

何故ヨドバシに来たのかというと、量りが欲しかったのだ。
100円ショップで購入した量りでは、30gという量は綺麗に量れないのだ。

量り購入後、無印良品で計量スプーンを購入。
大さじが15mlなので、まぁこれで3回量れば良いか……。

21時44分。
夕食。

100701_214447

両国駅前の文殊で冷やしたぬき蕎麦。
卵がサービスとなる時間なので、いつもの癖で生卵を頼んでしまったが、ゆで卵の方が絶対に良かったよな……。

検査・治療

今後の通院予定

  • 07月05日(月)
    • 11時 アレルギー・呼吸器科 受付
    • 採血
    • 胸部レントゲン
    • 骨密度検査
    • アレルギー・呼吸器科 診察

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘病341日目 - 職場復帰267日目

日記

14時30分。
ようやく起床。早くもリバウンドの感覚がある。

ようやく出社すると、S部長の体調がどうも悪いらしい。
先週末から変な咳をしていたのだが、いよいよ熱が出始めているのだろうか?

ということで、私と入れ替わるようにS部長が早退。
私が来るまで頑張っていてくれたらしい。申し訳ない。

U社で一緒に働いた仲間、NさんがS社に戻ることになったという話を聞いたのは、先月の末だったと思う。
Nさんは今月は半稼動で、今月半ばからはS社に戻ったらしい。

というわけで、Nさんの送別会が開催された。
八丁堀の牛角で食べ放題らしい。

……のだが、下の子が帰るまではいなければならない。
社長もいるので社長に頼むという手もあるのだが、S部長が待っていてくれたので、その分私がやらなければ。

20時45分。
退勤。送別会は19時からだったので、今から向かうと2次会に行くタイミングかな……。

21時。
牛角に到着。かつての仲間の席に、普通に参加するという感覚が面白い。
結局時間は適当ならしく、ホルモンと王様ハラミ、カルビ、ご飯とジンジャーエールを注文し、既に満腹となったメンバーをよそにモリモリと食べる。
まるで1人焼肉のようだ。

22時。
送別会終了。

Nさん、お疲れさまでした。
そして、U社では体制が変わり、明日からSさんに代わりTさんがリーダーとなるらしい。
Sさんはこの先どのように動くつもりなのだろうか……。

帰宅後、iPhone4を再度オンラインショップで申し込む。
届くまでにはかなり時間が掛かると思うが、ゆったりと待つことにしよう。

検査・治療

今後の通院予定

  • 07月05日(月)
    • 11時 アレルギー・呼吸器科 受付
    • 採血
    • 胸部レントゲン
    • 骨密度検査
    • アレルギー・呼吸器科 診察

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘病340日目 - 職場復帰266日目

日記

8時4分。
起床。

本日からステロイドは1mgとなる。
減量の効果はすぐに出るとは思わないが、数日で状況は良くなるだろう。

それよりも怖いのは、減量後のリバウンドがいつ来るか、だ。

本日も資料作成。
実際の画面を使い、巨大な画面遷移図を作成する。とてもメールでは送付できない容量だが、オンラインストレージに格納するので気にしない。

ついでに色々確認してみたのだが、JPEG画像をExcelに貼り付けた際に綺麗(というか減色されない)でしかも容量が少ないのは、JPEGファイルを読み込んだものだった。
MS描画オブジェクトで貼り付け直す、という方法もあるが、結果はJPEGファイル読み込みと同じだったので、今回はファイル読み込みで資料作成。
これで容量が大きくても、それはそれで仕方がない。

そして本日もフロア閉め当番。弟子曰く "戸締り役"。

21時。
退勤。
赤札堂に寄り、昨日同様計量カップか計量スプーンを探すが、良いものがない。
やはりハンズかロフトかなぁ……。

23時。
日本対パラグアイ戦開始。
スタメンで本田の名前が出たときに、思わず身体が震えた。思わず本田の名前が口から漏れた。
試合は拮抗した展開となったが、日本が押すシーンも多く、それでも得点に結びつかなかったのは運が悪かったとしか言えないと思った。
しかし、松井のシュートは惜しかった……。
中村憲剛が入ってからもの凄くリズムが良くなったんだがなぁ……。

PKを外してしまった駒野は、PKが得意だったはずだ。
それでも外してしまったのは、本当に仕方がない。駒野が悪いのではない。

闘莉王は、「仮に自分が蹴ったとしても外していた」と言った。
駒野のことを皆が慰めた。
試合後、多くの選手が泣いていたシーンは、今までのW杯では見ることのできなかったシーンだった。

スタンドに挨拶をしている選手の中に、本田の姿はなかった。
先に1人でスタンドに挨拶し、ロッカールームで号泣していたという。
どうせなら、一緒に挨拶をして欲しかったんだがなぁ……。

残念ながら、目標としたベスト4には届かなかったが、今日の試合は本当に勝てた試合だと思う。堂々と胸を張って良い結果だったと思うし、今回の日本代表を責める人など誰もいないのではないか? とさえ思う。

試合後、パラグアイのバルデスは駒野にこう言ったらしい。

お前が外したゴールは、俺がスペインに決めてやる

ちくしょう、パラグアイ頑張れ!

検査・治療

今後の通院予定

  • 07月05日(月)
    • 11時 アレルギー・呼吸器科 受付
    • 採血
    • 胸部レントゲン
    • 骨密度検査
    • アレルギー・呼吸器科 診察

| | コメント (2) | トラックバック (0)

闘病339日目 - 職場復帰265日目

日記

10時。
目が覚める。今日は通院の日だ。

12時半。
結局そのまま眠ってしまい、ようやく起床。
慌てて準備をし、病院へ向かう。

13時。
アレルギー・呼吸器科の受付で話をすると、私の担当医は用事があったのか、既に帰ってしまったらしい。
火曜は隔週で病院にいるのだが、明日は不在の日らしい。
仕方がないので薬だけもらい、また来週来ることにしようと思ったが、ステロイド1.5mgの期間が長いので副腎が休んでいる感覚があり、これが1週間続くのかと思うともの凄く不安なので、他の先生でも良いので話をさせてもらうことにする。

13時半。
A先生という若い先生に相談をしてみる。
先週から減量予定であり、来週になってしまうと5週間同量のステロイドを飲むことになることを伝えると、先生はあっけなくこう言った。

「じゃあ、1mgにしちゃいましょうか」

しかも毎回木曜からの減量なのだが、明日から。
私としてはこれでかなり安心。問題はリバウンドがどこで来るかだな……。

13時51分。
薬をもらい、会社に向かう。
診察料410円、薬代1,290円。

25日(金)に初級講座のサポートをした際に講師のHさんから誘いをいただいた、トレーナー研修の話がメールで来る。
S部長とも軽く相談したのだが、金額的に合わないので今回は見送ることにする。
何だか割に合わない感じがする。高すぎ。

というか、私の方が知識があると思ってしまっているので、試験を受けて資格をもらう、ならまだしも、3日間の講習を受けて資格をもらうという方法が納得できない。
ほとんど何も知らない人が対象であれば分かるのだが。

いよいよ本番環境でシェルを試す。
最近、7月から現場に出る新人2名(H、M)がシェルの勉強をしているのだが、新人の方がシェルを書くのが早いのではないか? と思う。

今週金曜に提出する資料の内容検討開始。
前倒しでやっておかなくちゃね。

19時15分。
退勤。新宿へ向かう。
何故新宿に行くのかというと、ハンズに行きたいからだ。
何故ハンズに行きたいのかというと、計量カップか計量スプーンが欲しいからだ。
何故計量カップか計量スプーンが欲しいのかというと、75mlを1回で計りたいからだ。1回ではなくても良いのだが、75mlをキッチリと計りたい。ついでに、50mlも100mlもキッチリ計りたい。
何故75mlを計りたいかというと、わらび粉30gには熱湯が75ml必要だからだ。
何故わらび粉30gなのかというと、今までは1人で釣りに行く際に20gだったのが、餌の大きさを変えたのでもう少し欲しいからだ。

20時6分。
折角なので夕食。

100628_200608

いつもはほりうちなのだが、今回は満来に来てみた。
カウンター内にいるお姉さん、以前ほりうちで見たことがあるような気が……気のせいではないな。
チャーシュー麺+生卵を頼んだのだが、ほりうちよりもチャーシューがやわらかい感じがするのだが、スープはほりうちよりも薄い感じがする。
あれ? ほりうちって海苔乗ってたっけか?

腹を満たしてハンズに行くが、既に閉店していた。
私はラーメンを食べに新宿まで来たのか……。

このままでは空しいので、ハンズ近くのFrancfranc、無印良品を見るが丁度良いものがなく、そのまま帽子やでハンチングを、ロクシタンで石鹸を購入する。
ロクシタンのハチミツ石鹸は値段がだいぶ高騰してしまったので、別のハチミツ入り石鹸を試してみることにする。こちらはだいぶ安いので、この石鹸が良い感じであればかなり嬉しいのだが……。

検査・治療

  • アレルギー・呼吸器科 診察

今後の通院予定

  • 07月05日(月)
    • 11時 アレルギー・呼吸器科 受付
    • 採血
    • 胸部レントゲン
    • 骨密度検査
    • アレルギー・呼吸器科 診察

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«闘病338日目 - 職場復帰264日目